忍者ブログ
9月末の日曜日にカミさんと娘が岡山のコンサートに出かけるというので、運転手として同行し、夜までの自由時間に自転車で吉備路を回ることにした。

備中国分寺。ここから足守にかけてのサイクリングロードは、実は社会人のころに会社のレクで廻ったことがある思い出の場所だ。

当時、私は独身だし、元々が人付き合いが苦手なので、なぜ休みの日まで職場の人たちや、しかも家族まで一緒に時間を過ごさないといけないのだと苦痛であった(笑)ので、このサイクリングに楽しみが見いだせなかった。

国分寺を立ち、総社市内の回転寿司で腹ごしらえを終えて自転車で鬼の城に向かう。
鬼の城はキノジョウと読む。いつ頃からあった城か定かではないのだが、山賊のような鬼?が住み着いて、下の里の娘などを誘拐していたらしい。
今は城址が残されていて、一部、山門を復元したものが建てられている。

自転車で手前の砂川公園から3キロの登りを進むのだが、7速しかない今回の自転車では登るのが大変なので、ほぼ3キロを押して歩いた(涙)
ようやく、ビジターセンターにたどり着いたが、城壁を一周するのも3キロくらいある。
私は急ぎ足で写真を撮りつつ回って1時間程度で回ったが、のんびり散策すると2時間くらい掛るらしい。

  
ちなみに、ビジターセンターには飲み物の自動販売機がないし、冷水を飲める場所もあるが紙コップも限りがあるうえ、一人一杯とか有りえない制限まであるので、必ず飲み物を持って行くことをお勧めする。

自転車での下りの帰り道は爽快ではあるが、狭い道だし急坂なので、ブレーキが効きにくく、対向車が来るとほぼフルブレーキ状態だった^^;
下った幹線道路から鬼の城を眺める。右側の山の稜線に木々の途切れた場所が鬼の城である。


私の好きな昔の街並みの風情のある足守地区を散策する。
この日の旅のお供はミヤタのFOLIO 折り畳みの上、700Cのタイヤで走りやすいのて旅の自転車はこればかりになっているが、ツーリング車のFUJIは、キャリアがついているので分解や積み込みが大変で旅先での出番が減っている。

日暮れ時に犬の散歩をしている人が絵になった。
若い頃は、このサイクリングロードに何の楽しみも見いだせなかったが、今は本当によい場所だと思ったりしている。
ちなみに、コンサートは長引き、終わったのは10時くらいで、私は車の中で長時間待機を強いられた^^;
PR
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
忍者カウンター
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
趣味:
旅行、バイク、自転車、カメラなど
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。別に熱帯魚アジアアロワナのサイトもやってます。(休眠してますが(爆))
※※※前のブログ『青空至上主義♪』が容量オーバーしたため、part2に継続していきます。(2014,11)※※※
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ページ
最新コメント
[11/04 きらりきら]
[11/04 きらりきら]
[11/04 NONAME]
バーコード
P R