忍者ブログ
この日は完全なプライベートなので宿泊費をケチるために(笑)、松本市内のスーパー銭湯に浸かった後、朝食と昼食分の食料をコンビニで仕入れて、道の駅『風穴の里』で車中泊した。

朝6時半に起きて車の外でシングルバーナーで湯を沸かしてカップ麺を食べ、コーヒーを飲み着替えて、沢渡駐車場につき、とりあえずトレッキング用の装備を点検し上高地への専用バスに乗り込み、大正池に降りたら既に9時半という体たらく(涙)
早く起きたつもりだったのだか(苦笑)

上からの3カットは沢渡駐車場の手前のダム湖の付近で撮影したもの。
 
いつも11月の初旬に来ていたが、やはり10月下旬が紅葉のベストシーズンに思える。

ここからが大正池。

足元をよく見たら氷が張っていた。

餌付けされて人なれしてしまっている鴨。

 
これだけ美しければ絵心のある人は、やはり書きたくなるだろうな。
この日はある程度歩くことを想定し、EOS Mの2台セットと一脚に小型の雲台を付けて挑んだ。
雲台はトレッキングで使用するスリック340DXに装着しているマンフロットのボール雲台では大きいし重いので、数年前にオークションで購入したノーブランドの中国製?の本当に小さいボール雲台を装着していた。
耐荷重が少ないのとボールを締めるタッチが悪く、デジイチでは微調整が厳しいことから放置していたのだがミラーレスなら役に立つかもと思っていたのだが、いざ使おうとしたら雲台に取り付けるクイックシューの留め具を紛失していまい、雲台に上手く固定できないことが判明したうえ、歩いているうちにボールヘッドを固定するネジまでなくなってしまったため、一脚はただのトレッキングポールとしての役目となってしまった(苦笑)
・・・・・後日、家でアリもののボルトやナットで加工して使えるようにしたが、LEKIやモンベルのトレッキングポールにカメラマウントが付いたタイプの購入も、この時ばかりは考えてしまった^^;

田代池に移動した。

田代池から穂高橋を目指す。

焼岳を振り返る。
 
穂高橋から上高地清水屋ホテルが見えた。
 
梓川を眺めながら河童橋を目指す。
やはり落葉松の状態も良く、昨年よりも色が賑やかだった。
   
その2に続く。
PR
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
忍者カウンター
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
趣味:
旅行、バイク、自転車、カメラなど
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。別に熱帯魚アジアアロワナのサイトもやってます。(休眠してますが(爆))
※※※前のブログ『青空至上主義♪』が容量オーバーしたため、part2に継続していきます。(2014,11)※※※
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ページ
最新コメント
[11/04 きらりきら]
[11/04 きらりきら]
[11/04 NONAME]
バーコード
P R