忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月の最後の休日に、蒜山経由で岡山県苫田郡鏡野町にある岩井滝の撮影に出かけた。

場所は鳥取県と岡山県の県境で、ウランの採掘所のある人形峠にほど近い場所。RA125にとっては初のショートツーリングとなるので、サイドバッグにはパンク修理の道具やメンテグッズを満載で出かけた。


大山の桝水高原はマツムシソウが咲き始めていた。

バイクで大山を鏡ヶ成から蒜山に降りたがバイクが多かった。カブの仲間であるヤマハメイトでは見向きもされなかったが、今回は対向車のバイクからピースをたくさんもらえた(笑)


蒜山の無人市。タッパーにお金を入れて持ち帰るシステム。まさに人への信頼関係だけでなりたつ商売と思う。

蒜山を通過して、人形峠に向かい、バイクで80キロ以上走り、ようやく岩井滝に到着。

滝の手前に岩の上に生えた巨木があり、その迫力に押されてスナップした。


岩井滝の全容。スケール感がわかりにくいので、滝の中の不動明王を参拝する方にモデルになっていただく。
人と比べると、なかなかのサイズの滝であることが理解していただけると思う。



この滝の特徴は『裏見の滝』であること、滝の横から滝の中に入れ、その中から景色を楽しむことが出来る。
熊本県の鍋ケ滝と比べて、滝の中に入る際にカメラが濡れる心配もなく、ここは水量にもよるだろうが傘はいらないかなと思った。


滝の落ち口。

しいて言うと、この滝はアクセスに問題がある。
高速道路を使っても、岡山側から下道でも鳥取側から下道でも、そこそこ時間が掛る場所だし、近くにコンビニもガソリンスタンドもないような場所なので、それなりの準備をしていくとよいと思う。

私はここの撮影の帰りにピッカピカのクギを踏んでパンクして、結果、予備のチューブも古かったため修理できず、タイヤをパンクさせたまま更に80キロ走って帰り、タイヤを1本パーにした。
RA125のほろにがショートツーリングとして思い出に残った(苦笑)
PR
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
忍者カウンター
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
趣味:
旅行、バイク、自転車、カメラなど
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。別に熱帯魚アジアアロワナのサイトもやってます。(休眠してますが(爆))
※※※前のブログ『青空至上主義♪』が容量オーバーしたため、part2に継続していきます。(2014,11)※※※
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ページ
最新コメント
[11/04 きらりきら]
[11/04 きらりきら]
[11/04 NONAME]
バーコード
P R