忍者ブログ
3日目。
この日はセントーサ島に向かう。
 
毎朝食はホテルのビュッフェでとったが、バリエーションも多く、がっつり食べていた。昼や夜が現地の名前と味の想像がつかないものが多いので、安心して食べられた(笑)


セントーサ島へは確か電車で行ったと思う。ひとまずユニバーサルスタジオに、ほぼ開場時間から入った。

現地は中国の旧正月とぶつかり、ユニバーサルというより中国のどこかといった感じ。

イスラム教徒の人もジェットコースターに乗るのに、当たり前だが、驚く。

ペンギンズは家族が好きで、動物園のワオキツネザルにあうのもジュリアンが好きなので、ということもあったくらいで、随分と騒いでいた。

上のジェットコースターとは別に、ミイラの出し物のマミーとかいうアトラクションに乗った。予備知識が全くないので、基本、すべての出し物にフーンという感じで乗って行く。
大阪のUSJも子供が小さい時に数回いったぐらいでここ10年以上行ったことはないが、子供たちは年間パスポートでUSJには良く行っているが、シンガポールみたいに待ち時間が30以内とかは有りえないそうだ。
確かにほとんど待たずに乗れたので、これが当たり前かと思った。

相変わらずの園内の中華テイスト。

お昼ご飯は一応選べるメニューであったが、ワンプレートにいろいろと載せていきテーブルで食べるのだが、いかにもな味付けで、正直、何を食べたかも覚えていない(苦笑)
野菜のサラダ以外は、見事なくらい冷凍食品の解凍ものばかり^^;


モノレールみたいな電車で一駅移動して、セントーサ・マーライオンを見物。これは水は吐かない。

こちらを本家にしたいぐらいデカイ。

再び一駅移動して、セントーサビーチに到着。ここからメガジップまで徒歩で移動した。

途中で、野生のジリスやクジャクに遭遇。2日目の動物園では野生のハチドリにも出会った。

メガジップの手続きを行い、体にハーネスを装着する。

バギーに乗り、坂を登り頂上近くのメガジップ乗り場に進む。

メガジップのスタート地点。要はビーチまでロープに吊られてひたすら滑降していくアクティビティー。

点のように見えるが、子供たちが海辺へと滑っていく。

私たちも無事に海辺に到着し、桟橋を渡り小さな小屋に戻ってハーネスを外して移動していく。空に見えるのはケーブルカー。海にはツバメウオの幼体などが居た。その気になればシュノーケリングも楽しそう。

徒歩でビーチステーションに戻る途中。セグウェイで移動する手段があることを知った。ほかにも水族館やら、この島だけでシンガポールは5日くらい回れるかもしれない。



セントーサ・マーライオンの駅に戻り、ケーブルカーの発着場に向かうと、その発着場の上にもクジャクが居た。
さっき見た個体とは尾の長さが異なるので、いったい何羽野生でいるのだろうか。


ケーブルカーに乗り、島を脱出する。

ケーブルカーから下界を眺めるが、15分以上は乗っていたかもしれない。

ケーブルカーの到着駅で夕食の時間になったので、なんとなくメニューを頼む。写真の付いたメニュー表のあるお店が少ないので、現物が並んでいるお店以外は何が出てくるか判らない。
この店は観光客も多いのか、写真付きのメニューだったので、少し安心したが、やはり味付けは見た目とは違っていて、軽い違和感を感じながら食べる。でも、まずくはない(笑)


翌日は3:30だったか、5:00だったかにシャトルバスが迎えに来て、チャンギ空港に向かった。
荷物を預けて、搭乗手続きを済ませ、7:00過ぎに、空港内のフードコートに行きSUBWAYのサンドイッチを食べたが、足りず食券を買って食べる日本のSAのフードコートの方式で小籠包や春巻きやちまきなどをさらに食べる。完全なカロリーオーバーだが、年1回の人間ドッグも終わっているのでノープロブレム(笑)

12:30過ぎに中継地の台北で1時間程度時間を潰す。

胡蝶蘭と蝶の展示をしていたが、何を書いてあるのかさっぱり判らない。

無事に16:30位に関空に到着し、車で山陰へ戻る。途中、岸和田SAでまたまた17:30なのに夕食を食べている。
それでも久しぶりの日本食らしい日本食でホッとした(笑)
以上で旅のレポートを終えるが写真は1500枚くらいは撮ったと思う。EOS-Mの2台にEF-M18-55ISとEF-S55-250ISを持って行ったが、嵩張らず軽くて助かった。

以前のシンガポールではファームの取材ということもあったが、当時は10Dと20Dにレンズも単焦点を含め数本とストロボは30本以上持って行ったので本当に疲れた。
預ける荷物も20キロ以下の制限があるので、機材を積み込んで自宅で何度も軽量して三脚の選択も含め、ギリギリの重量で出かけたので、堺市のアロワナ仲間の駐車場に旅行中は車を置かせてもらったのだが、おまけのようなお土産しか渡せず心苦しかったのを思い出した。
yukioさん、その節は大変失礼いたしましたm(_ _)m
PR
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
忍者カウンター
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
趣味:
旅行、バイク、自転車、カメラなど
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。別に熱帯魚アジアアロワナのサイトもやってます。(休眠してますが(爆))
※※※前のブログ『青空至上主義♪』が容量オーバーしたため、part2に継続していきます。(2014,11)※※※
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ページ
最新コメント
[11/04 きらりきら]
[11/04 きらりきら]
[11/04 NONAME]
バーコード
P R