忍者ブログ
九州旅のメインは年に1度の長崎くんちの撮影であった。

ランタン祭りの時にも案内して頂いたカメラ&,熱帯魚仲間と待ち合わせをしている間、眼鏡橋などを撮影してみた。


諏訪小学校にて児童を乗せた御神輿が掲げられて人だかりができていた。

ミラーレスの良いところ。人だかりの中、両腕を上にして液晶を見ながらの撮影ができるので人ごみでの撮影にはデジイチにはない良さがある点。
それと、ボディーが小さいので撮ってる感が少なく、相手を威圧しないので、このあたりがデジイチよりも良いのではないかと、祭りの撮影を通して感じた。
欲を言えば、液晶がバリアングルであればいうことなしなのだが。


ただ。やはりEOS Mは動きものには弱い(笑)AFで撮っているとピントを外して迷ったり移動する被写体についていけないことも多々ある。
AF方式をワンショットにしているせいも大きいかもしれないがAIサーボであれば今でも電池の持ちが悪いのにさらに酷いことになるだろうから、積極的に使う気にはなれない^^;


いろんな衣装の方が家々の前で歌と舞を披露していた。
地元の友人が言うには、この舞いでご祝儀が出るそうだが、獅子舞のようなものなのだろうか?
縁起担ぎのように多くの店舗が頼んで店先で舞ってもらっていた。



こちらはEOS MにEF-S55-250mmISを取り付けた作例。
M用の55-200mmISの方がコンパクトであるが、こちらの方が250mmでF5.6と明るくボケも大きいので、当面はこちらの組み合わせを多用していきたい。
M用の望遠ズームは、来年には安くなるだろうから、それから買う予定(笑)


手撮りで簡単に35mm換算で400mmの絵が撮れ、被写体に威圧感を与えないという部分は、結構、使える道具に思える。
但し、この組み合わせもAFは迷いやすいのである程度枚数を撮っておく必要が出てくる。


この中央公園の神輿の披露は数年前は垂れ幕で覆われていて仮設舞台のような場所で披露されていたので、当日訪れたものは見ることが出来ず、事前に整理券を入手しないといけなかったので、今回は見学できてよかった。

神輿の口から煙が出る。凝ってるなあ(笑)


いやー。皆さん、かっこいいですね!!

まつりの会場を離れて商店街を移動しながら夢彩都方向の屋台エリアを見学する。

以前にも驚いたが、この祭りの屋台の数と長さには驚かされる。
これでもまだ昔より減ったとのこと。延々数100メートル続く。

地元の友人とお別れして車を停めていた寄合町に向かう。

レトロな丸山交番。

丸山公園の龍馬像。まだ新しいそうだ。
地元の友人には、仕事のお忙しい中、撮影に付き合っていただき感謝申し上げますm(__)m
PR
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
忍者カウンター
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
趣味:
旅行、バイク、自転車、カメラなど
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。別に熱帯魚アジアアロワナのサイトもやってます。(休眠してますが(爆))
※※※前のブログ『青空至上主義♪』が容量オーバーしたため、part2に継続していきます。(2014,11)※※※
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ページ
最新コメント
[11/04 きらりきら]
[11/04 きらりきら]
[11/04 NONAME]
バーコード
P R