忍者ブログ
昨年、沖縄でコンデジのFinepix F11にて水中ハウジングを付けて撮影をしたわけだが、現地のツアーで無料レンタルできたオリンパスのコンデジよりは色も高感度撮影も上ではあったものの、せっかくの沖縄の海が上手く撮影できず、もう少し撮りやすいカメラを物色した。

ソニーのNEX-5Nと30mmマクロと水中ハウジングの中古をオークションでゲットした。
ミラーレスのAPS-Cセンサーなので、少なくともコンデジよりは良い画質が期待できるし高感度での画質の荒れも少ないだろうと今後の水中撮影に期待している。

基本的には普段のスナップはEOS Mを使うので、あくまでも水中用ということでPLフィルターは買わず、MCフィルターのみ使用することにした。
まずは操作に慣れないといけないということで足立美術館にでかけたときに試し撮りしてみた。

持った印象としては見た目の割に軽く、軽いこと自体は疲れないので良いことなのかもしれないが思い一眼に慣れていたものとしてはEOS Mよりも軽く、カメラという機械のイメージよりもヒゲソリやコンデジの様な家電用品のイメージである。
ただ、EOS Mと比べるとグリップ部分のでっぱりなど持ちやすく、発売がEOS Mより半年くらい前に発売された機種だが、AFのピント合わせやマクロ撮りの拡大画像とか、遥かにEOS Mよりは使えるカメラである。
というよりも、やはりEOS Mがショボすぎるのかもしれないが、EOS Mに慣れた身にしてみればEOS Mはクラシックカメラだと思っているので(笑)、特段の不便を感じなくなってしまっている自分に驚く(笑)

一応、RAW撮りしたのだがソニーのRAW現像ソフトではキヤノンのDPPのような、JPG現像したい画像を選択して一括現像が出来ないので一枚ずつ調整して都度JPG現像していくしかない。
別にRAW→JPGの一括現像ソフトもついているが、こちらのソフトは調整なしで一気に現像なのでRAWで撮る意味があるのかと思ってしまう^^;
せめてもの救いは一枚ずつJPG変換するスピードはキヤノンのそれよりも早いので、ここは評価できる。
PR
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
忍者カウンター
プロフィール
HN:
きらりきら
HP:
性別:
非公開
趣味:
旅行、バイク、自転車、カメラなど
自己紹介:
カメラで撮影した各地の旅写真などを貼りながら、エッセイや日々の日記などを書いていこうと思っています。別に熱帯魚アジアアロワナのサイトもやってます。(休眠してますが(爆))
※※※前のブログ『青空至上主義♪』が容量オーバーしたため、part2に継続していきます。(2014,11)※※※
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ページ
最新コメント
[11/04 きらりきら]
[11/04 きらりきら]
[11/04 NONAME]
バーコード
P R